おはようございます。

段々と夜が明けるのが早まり、自動的に起きる時間も早まります。

「ニワトリ現象」と言います。

ただ冬は、そうすると8時まで寝ていることになるので

人間らしく 6時に定時起床していますが・・

以前、北海道の玄関と云われる「千歳」に住んでいたのですが

初夏の頃は、空気も澄んで雲ひとつない朝を迎えると

山・山 と思い・・朝の5時過ぎには家を出て「樽前山」に登っていました。

途中、深い藍色の水を湛えた「支笏湖」が見え

素晴らしい景色に出会えます。

山頂では「蝦夷富士」と呼ばれる「羊蹄山」も遠景にあります。

今は、3時に起きないと山の駐車場に入れないので・・ちょっと億劫になっていますが

今年は、一度は登りたいと思います。煙と〇〇は高い所がスキ!

f:id:nyancotan:20140415210957j:plain

              M16(へび座 散光星雲/散開星団)04月09日03時21分 直焦点撮影

        DOB GOTO12(30cm反射経緯台 ISO3200 15秒 8枚合成 PENTAX K-01)

※ M16 は、散光星雲(星に照らされて輝くガス)と散開星団とが一緒になっていま

  す。ガスの中では新しい星が生まれていています。宇宙望遠鏡「ハッブル」がこの

  星雲を写した写真では、天地創造的な画像が得られています。ちなみに M16 は「ワ

  シ星雲」の愛称を持ちます。この写真だと左右に翼を広げ、顔を右?に向けた様に

  見えます。

※ 樽前山は、7合目ヒュッテ(駐車場)まで車で行けます。そこからなら1時間弱で山

  頂です。機会がありましたらどうぞ、夏は小さな子供や年配の方も登っています。

  情報はこちら、昨年は5月末に駐車場まで行ける様になっています(雪のため)。  http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/kankojoho/kankoannai/tarumaezan/tarumaezannitsuite/tarumaezan.html

f:id:nyancotan:20110924100300j:plainf:id:nyancotan:20110924100000j:plain