阪急阪神ホールディングス傘下の阪神電気鉄道は4月から、駅長室のある全駅と西九条駅の7駅・8カ所にリアルタイム通訳システムを本格導入すると発表した。増えている訪日外国人への対応が目的。タブレット(多機能携帯端末)に導入した専用アプリの活用で、より乗客を向いたサービスがしやすくなるという。英語、中国語、韓国語に加え、日本語の手話にも対応する。

  導入するアプリ「Face touch me!」は通訳・翻訳のプログレスト(大阪市北区)が提供する。アプリを起動して言語を選択することで、その言語を母語とするオペレーターを呼び出す仕組み。駅係員はオペレーターの通訳で外国人の乗客と意思疎通する。昨年9月から比較的外国人が多い梅田駅(西口と東口)と神戸三宮駅、西九条駅で試験的に導入していた。

 試験導入した神戸三宮駅などに加え4月1日からは尼崎駅、甲子園駅、御影駅、新開地駅にも設置する。さらに阪神電鉄はプログレストと代理店契約を結び、他の鉄道事業者などにも、同アプリを販売する計画としている。